本文へスキップ


特別非営利活動法人 日越堺友好協会

お知らせinfomation

堺の企業のベトナム進出を支援
 サン前国家主席と特別会談

サン前国家主席(右)と加藤均理事長(左)

龍谷大学農学部の教授がベトナムの農業を視察
 ベトナム社会主義共和国との交流を進める特定非営利活動法人 日越堺友好協会の加藤均理事長は2月12日から19日、ベトナムを訪問、チュオン・タン・サン前国家主席と特別会談を行いました。
 18日、日本国総領事館 河上淳一総領事も同席した会談では、加藤均理事長がビンディン省における水産業・マグロ漁業発展に対する協力事業についてマグロの捕獲・処理・保存法などの技術の向上によりベトナム国内での値段が上がっていることなどを報告、サン前国家主席より同省に加え新たにフーホン省、カンファ省でのマグロ漁業発展に対する協力を求められました。
 また、潟Tニコン(堺市北区)が現地企業と進めている水質改善事業について、現在のホテルでの改善に加え、学校や病院などにも設置していきたいとの目標を語りました。


サン前国家主席は、ビンディン省の依頼を受け、殻ei's(堺市中区)が日越堺友好協会とともに進められている無農薬野菜の栽培など農業政策について高く評価し「高品質で安全な野菜の栽培により農業を営む方々の収入が上がり、国益にもプラスになる。今後も期待しています」と話しました。
 12日には丸紅木材鰍ェ日本産ヒノキなどを使った木材製品の製造を行う現地法人を、14日には潟Tニコンの現地法人を設立、調印式などが行われました。
 龍谷大学農学部の教授も同行、17日にクイニョン大学を加藤均理事長とともに訪問、農業における技術交流について具体的な話し合いが行われました。
 

copyright 2012 J-VFAS all rights reserved.

contents

日越堺友好協会

〒500-0948
堺市堺区戎之町西1丁1番30号
TEL 072-222-0001