友好都市提携 泉佐野市・ビンディン省 日越堺友好協会が橋渡し

ベトナム、ビンディン省で行われた調印式

今年3月に泉佐野市の千代松大耕市長が堺を訪れ、特定非営利活動法人 日越堺友好協会の加藤均理事長を訪問されました。千代松市長は泉佐野市のさらなる国際化推進のため、ベトナム社会主義共和国の都市との提携への協力を求められました。
 加藤均理事長は、グエン・タイン・トゥン ベトナム共産党中央委員・ビンディン省党書記・ビンディン省人民評議会議長との会談時に直接提案、ビンディン省との友好都市提携が決まりました。
 10月21日、ホー・コック・ズン ビンディン省人民委員会委員長、千代松市長、グエン・タイン・トゥン中央委員、梅田邦夫 在ベトナム日本国大使館特命全権大使、堺から加藤均理事長などが出席した調印式が開催され、ズン委員長、千代松市長、梅田大使、加藤理事長がサインし正式に締結した。この模様はベトナムの全国ニュースでも大きく取り上げられました。
 ズン委員長は「ビンディン省は日本との協力を重要視している。調印により、泉佐野市とビンディン省の可能性と強みにより両国間の協力関係を新しいレベルに引き上げることができると信じている」とコメント。
 千代松市長は「日越堺友好協会理事長の加藤均先生のお力添えにより、ここビンディン省で調印式を迎えたことは本市にとって大変意義深いことであり、関係の方々に深く感謝申し上げます。この調印を新たな契機とし、友好交流が大きく発展することをご祈念申し上げます」と語りました。
 今後、ビンディン省と泉佐野市は経済、教育、文化など様々な分野において交流が進められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *