ベトナムに新たな桜の新名所

1.5キロの並木道など計画スタート

「日本の桜がベトナムを彩る」 クアンガイ省に設置される桜並木

特定非営利活動法人日越堺友好協会の加藤均理事長は、ベトナムのビンディン省ヴィンタン県ヴィンソン群に桜の新名所を開発中であることを発表しました。
 私達は、これまで、日本の伝統・文化をベトナムにも発信したいとの想いから様々な交流事業を行ってきました。公益財団法人日本花の会・花と緑の研究所 研究員・樹木医 西山正大氏も加藤均理事長とともにベトナムを訪れ、桜開花にむけた調査研究も行った。昨年末には、交流事業の一環として、日本の桜200本の苗木をベトナムに植え、見事に開花しています。
 今回計画されている観光区画開発の中では、併設するリゾート施設や公園を整備する中、これらに沿った1.5キロに渡る桜の並木道が目玉となっています。植栽される品種は、「大島桜」や「大寒桜」などであり、いずれもベトナムでの気候及び土壌適正などが認められています。また、並木道には、桜の下に紫陽花を植えるなど、桜のシーズン以外にも観賞を楽しむことができるようになっています。
 加藤均理事長は「日本とベトナムでは気候や土壌が違うことから、桜の品種選定などには困難が多くありましたが、ようやく植栽事業としての形になってきました。今後は、同所の広場や公園にも桜を植えることで、花見や『桜まつり(仮称)』などを皆様が楽しめるように開発を拡大する予定となっております」と述べ、交流事業拡大への更なる意欲を見せました。

交流の蕾 ベトナムで花開く

ベトナムで開花した日本桜の蕾

両国の友情の証として、日本の伝統・文化をベトナムに紹介する桜の植栽活動は、特定非営利活動法人日越堺友好協会(加藤均理事長)とビンディン省の交流事業の一環として続けられています。
 昨年末、想いが実りその蕾がようやく開花した。ベトナムでは日本の桜が生育している地域はあるものの、健全な生育ではなく何とか生存しているといった状況であるものもみられる。気候条件など生育環境の違いから、品種によっては生育自体が困難であるとされています。
 ベトナムにおいて桜を栽培する場合には、水捌けが良く肥沃な土壌を整備し、低温要求が少ない品種を選ぶこととなるため、同協会は「日本花の会」との連携の下、ベトナムから技術者を日本に派遣及びその栽培技術を提供し、日本の桜およそ200種類の中から「大島桜」や「大寒桜」、「大漁桜」など5種類を選定し200本の苗木を植えた。今後は、2000本の植栽を目指し、ベトナムで花見を楽しめる規模まで拡大する計画です。

ビンディン省で堺地産の水処理技術を展開 株式会社サニコン 株式会社アクリート

堺市を拠点とするサニコングループでは、この2月14日、ベトナム国ビンディン省に、「サニコンビンディンベトナム有限会社」を設立。
 地元CONSTRUCTION JOINT STOCK COMPANY47(CC47、総合建築業・ホテル業)による、自社所有ホテルでの安全な水供給の願いから、ホテルにある井戸からの水を飲料出来るレベルにまで浄化する事業検討が一つの切っ掛けでありました。
 更にはもう一つの切っ掛けは、地元環境を守りつつ、省の発展に真摯に取り組むビンディン省の方々との出会いでありました。元副知事のハー氏は、ビンディン省への訪問初期から熱心にわが社に協力し、堺地産の水処理技術をビンディン省へ導く径を開いて下さった。また省の各局、各部署の方々からも会社設立には適切な指導、助言を下さり、ベトナム国のどの省よりも早く、迅速適切な対応は、まさに地元発展に真剣に取り組む姿の賜物であり、本当に早期に会社設立を実現して下さいました。
 そして何より、これらの切っ掛けをまとめていただき、真に真心から協力いただいた加藤均総合事務所 加藤均会長には心から感謝申し上げます。
サニコングループ社是、繁栄の基礎は『信用』にあり 信用は『確実』な運営に自ずから生まれる 仕事を支配する『実践』の態度と気魄は発展の近径なり すでに作られた道を歩みよりも道なき道を行き新たな道をつけよ
ビンディン省への展開は、この社是を真に表すものであります。
 地道に確実に運営するところに、多くの方々と出会い、信用、協力に支えられ、大きな切っ掛けを頂きました。堺地産の実践の取り組みは、ビンディン省への事業展開の近径を開き、更にベトナムの豊かな環境を守りつつ、未来に展開していく地元の発展に貢献、協力していく新しい道を繋ぐものとなりました。
 5月にはCC47のシーガルホテルでは水道の水を飲用に使用することが出来ます。
 更に私たちの現地オーダーメイドの技術提供により、これからのビンディン省から発信し、ベトナム国での安全で安心な水事業の展開をもって、堺市地産の経験に基づき地元貢献の実現に望みます。
株式会社アクリート
    技術部 加藤 剛

友好都市提携 泉佐野市・ビンディン省 日越堺友好協会が橋渡し

ベトナム、ビンディン省で行われた調印式

今年3月に泉佐野市の千代松大耕市長が堺を訪れ、特定非営利活動法人 日越堺友好協会の加藤均理事長を訪問されました。千代松市長は泉佐野市のさらなる国際化推進のため、ベトナム社会主義共和国の都市との提携への協力を求められました。
 加藤均理事長は、グエン・タイン・トゥン ベトナム共産党中央委員・ビンディン省党書記・ビンディン省人民評議会議長との会談時に直接提案、ビンディン省との友好都市提携が決まりました。
 10月21日、ホー・コック・ズン ビンディン省人民委員会委員長、千代松市長、グエン・タイン・トゥン中央委員、梅田邦夫 在ベトナム日本国大使館特命全権大使、堺から加藤均理事長などが出席した調印式が開催され、ズン委員長、千代松市長、梅田大使、加藤理事長がサインし正式に締結した。この模様はベトナムの全国ニュースでも大きく取り上げられました。
 ズン委員長は「ビンディン省は日本との協力を重要視している。調印により、泉佐野市とビンディン省の可能性と強みにより両国間の協力関係を新しいレベルに引き上げることができると信じている」とコメント。
 千代松市長は「日越堺友好協会理事長の加藤均先生のお力添えにより、ここビンディン省で調印式を迎えたことは本市にとって大変意義深いことであり、関係の方々に深く感謝申し上げます。この調印を新たな契機とし、友好交流が大きく発展することをご祈念申し上げます」と語りました。
 今後、ビンディン省と泉佐野市は経済、教育、文化など様々な分野において交流が進められます。